Copyright (c) Kanuma Driving School. All Rights Reserved.

「運転免許 つばさプラン」®とは

つばさプランは、教習に不安のある方の運転免許取得をサポートするプランです。
診断のない方、療育手帳などをお持ちでない方も「つばさプラン」をご利用いただけます。
1人ひとりの特性に合わせて、教習のサポート内容を検討させていただきます。
心配な点や不安な点について、コーディネーターまでご相談ください。

​「運転免許 つばさプラン」®で

   教習されている方の参加者例

・発達障害のある方(ASD、ADHD、LD)

・軽度知的障害のある方

・学校の勉強が苦手だった方

・コミュニケーションが苦手な方

・集中力があまり続かない方

・教習生活に不安のある方

                       など

こんな方もつばさプランを

利用しています

​・仮免学科試験がなかなか受からない

(他教習所から転校できます)

・他の教習所で指導員とうまくいかなかった

(もう一度教習にチャレンジ)

・教習スケジュールが立てられない

・送迎バスの予約ができない

                       など

発達障害とは?

発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。

 

発達障害の特性として、得意なことと苦手なことの能力差が大きく、発達にかたよりがあり、凸凹があるといわれています。

そのため、コミュニケーションの難しさや、落ち着きのなさ、読み・書きなど特定の分野に極端な苦手さを持っていたります。

一方で、記憶力がとても良かったり、興味のあることはとことん極めるといった集中力を持ち合わせていたりします。

 

文部科学省の調査によると、全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、発達障害の可能性のある児童は6.5%と推定されています(平成24年12月文部科学省「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」より)。

40人学級に2~3人の割合で発達障害の可能性のある人が存在することになります。

こうしたことから、学校現場だけでなく、教習所においても適切な対応を行うための準備を進めていく必要があります。

一人ひとり違った個性を持っているため教習においても、その方にあった指導・支援の方法で関わることが大切です。

そして、私たちの研究会に加盟している教習所・学校では、発達障害への理解を深め、安心して教習所に通える環境整備に努めています。

発達障害の種類

発達障害には主に3つの種類があります。

「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、様々な障害を指すものである。」とされています。

(文部科学省の定義より)

例えば・・・

●文字は読めないが内容はよく理解でき勉強はできる。

●文字は書けないが本を読むことはできる。

●計算はできないが、国語や社会など他の教科は問題なくできる。

「ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害」と定義されています。

(文部科学省の定義より)

注意や多動、衝動性に関する苦手さを持っています。そして、ADHDは3つの型に分けられます。

【不注意優勢型】

 忘れ物やうっかりミスが多い。集中力がない、注意が逸れやすい。

【多動性・衝動性優勢型】

 落ち着きがない、多弁である。衝動的に行動する、うっかり発言をする。

【混合型】

 不注意優勢型と多動性・衝動性優勢型。

「自閉症とは、3歳位までに現れ、1他人との社会的関係の形成の困難さ、2言葉の発達の遅れ、3興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害」と定義されています。

(文部科学省の定義より)

社会的コミュニケーションの障害と想像力の障害があるといわれています。

【社会的コミュニケーションの障害】

冗談や遠回しな表現の理解が苦手、一方的に話してしまう、悪気なく相手に失礼なことを言ってしまう…など。

【想像力の障害】

自分の決めた段取りでないとできない、細かいことにもこだわる、急な予定変更が苦手…など。

教習で一番課題となるのは、「読むこと」になります。現在の運転免許制度では、学科試験に対する試験時間の延長などの特別な配慮は行われていないというのが現状です。読みの苦手さの程度によって異なりますが、学科試験の合格までには時間をかけて取り組むこととなります。

教習で一番課題となるのは、「集中力や衝動性」に関すること。落ち着いて教習に取り組めるかどうかや、集中力がどれくらい続くかによって教習の進捗状況等は大きく異なります。

教習で一番課題となるのは、「コミュニケーション」。指導員や事務員に言いたいことをうまく伝えられなかったり、伝えられたことを勘違いしてしまったりすることがあります。

つばさプラン教習卒業生・保護者の声

Voice of pleasure

​栃木県

​行動範囲が増えました!

妹を駅に迎えに行ったり、おばあちゃんを病院に送っていったりしています。家族で遠くにドライブに行ったときには運転を交代しながら、福島の山を走ったり千葉の海岸沿いを走ったり楽しく過ごしています。

四国地方

自分に自信がつきました!

県外から来て車の免許を取ることもそうですし、自分で生活して自立ということに対しても両方の面で自分は成長できたような気がしていて、まわりの人にも支えられてよかったと思っています。自由に移動できるようになって便利になったこと、免許が取れたことで自分に自信がつきました!

長野県

安心して参加してください!

指導員やコーディネーターさんが皆さんやさしくて、分からないところを丁寧に聞いてくれますので、みなさん、困ったことがあったら、リラックスして、コーディネーターさんに頼ってみると不安もとけていきますので、安心して参加してください。

Yさん(大阪府) 保護者の方より

全国のお父さん、お母さん!
鹿沼自動車教習所のつばさプランは安心してお任せができるようになっていますので、子供に免許証を取らせてあげて下さい! 私共の子供も、近隣の教習所では免許証が取得出来ず、生活の部分でも乱れ始めていましたが、昨年つばさプランの2か月間で免許証を取得し、更にボランティア活動での活動が良かったみたいで、人間性が豊かになり帰って来ました。また免許証の取得により「周りの友達より遅れてない!」と、自然に感じている部分が私生活の中でも伺え、私生活の部分での不安も徐々に無くなり、今では結婚もし子供も授かり、独り立ちを始めましたが、免許証があるという事は、これからの人生にも最大の武器になっていくのではと思います。

Oさん(四国地方) 保護者の方より

鹿沼自動車教習所のつばさプランに入校させていただき、無事卒業いたしました。
私の娘は、すごくユニークな感覚と超敏感な五感を持ち合わせています。その娘も20歳になり、地元の自動車学校に通い始めましたが、教官の抽象的な言葉や適当な指導もあったようで、戸惑いと不安が募りいつしか教習所に通わなくなりました。地元は、交通機関が限られているため、自動車がなければすごく不便で生活も不自由となります。
「何とか免許を・・・」との思いもあったようで、インターネットで検索し、ここやったら大丈夫と娘は言うものの、親としては、遠くの離れた栃木県であり、初めての1人暮らしで本当に大丈夫かと心配しておりました。しかしながら、教習所職員の皆様との電話・メールでの相談を重ねていくうち、娘へのサポート体制が充実していると確信し、鹿沼自動車教習所にお願いすることといたしました。その後、入所してからおかげさまで全ての授業、試験を1回で見事クリアでき、卒業となりました。今では、運転マナーに忠実で、初心者とは思えないほどのテクニック、なんといっても本人が楽しく、喜んで運転しています。こんな娘を見ていると、教習所ならびにサポートいただいた先生方のおかげと感謝しております。ちょっとした不安で免許を断念されている方がいらっしゃると思いますが、是非一度見学にこられたらいかがでしょうか?本当にお世話になり、ありがとうございました。