Copyright (c) Kanuma Driving School. All Rights Reserved.

「運転免許 つばさプラン」®の流れ

つばさプランは、教習に不安のある方の運転免許取得をサポートするプランです。
診断のない方、療育手帳などをお持ちでない方も「つばさプラン」をご利用いただけます。
1人ひとりの特性に合わせて、教習のサポート内容を検討させていただきます。
心配な点や不安な点について、コーディネーターまでご相談ください。

​1, 入所前アセスメントシステム

(1) 事前面談(面談は予約制)

ご本人様、保護者の方と面談を行わせていただきます。
教習所にお越しいただき、事前にご記入いただくプロフィール用紙をもとに1時間程度面談を行いますので不安な点や配慮してほしい点をお伝えください。
面談は職員が2名で対応させていただき、一緒に解決できるようサポート方法をご提案します。

(2) 適性相談

適性相談は本試験を受験する住所地の免許センターにて行います。

※適性相談の終了書の期限が6ヶ月の場合と1年の場合があります。期限に関して、免許センターの適性相談担当にご確認ください。

(3) TPA

TPAは、鹿沼自動車教習所と富山大学水内豊和准教授との共同研究により開発された教習所用のアセスメントツールのひとつになります。

学科の学習や技能教習、生活、メンタル面など、どのようなサポートが必要か​を見つけるためのもので、いくつかの質問をさせていただきます。

※TPAは予約制になります。

事前面談と同日にTPAを行うこともできます。

事前面談のご予約をされる際に、実施日についてご相談ください。 

(4) 個別支援計画書の作成

各教習生にあった教習プランを作成します。

​担当のコーディネーターが教習生をサポートします。

​2, 入所手続き

【入所手続きに必要なもの】

① 本籍地入りの住民票(マイナンバーの記載がないもの)

② 健康保険証

③ 同意書

④ 印鑑        

 

※適性相談を受けられた方は終了書をお持ちください。

​3, 教習所での生活

つばさプラン担当のコーディネーターが協力して、教習生活のサポートを行います。また教習以外でも、分からないことは何でもコーディネーターに相談してみましょう。

​4, 卒業時の対応

教習所を卒業される際に、万が一の事故対応についてご説明しています。

​5, フォローアップ

免許取得後、約1ヶ月後に運転チェック。

それでも教習に不安のある方は!

教習開始までの事前学習や生活リズムの改善が必要な方、教習所に入ることに迷いのある方が利用しやすいように専門スタッフがサポートいたします!

●事故対応マニュアルの配布

GPS携帯を使った警察・消防への連絡方法、自動車保険会社の選び方などを記載しています。

​●希望者へHELPカードを配布

万が一、事故に遭ってしまった場合、ご本人様が相手の方と直接やりとりをすることなく、保護者の方へ連絡をしていただくためのカードです。